Topics

Topics|過去に発表した映画産業や映画祭といった映画関連情報、およびJapan Film Commissionの活動に関する情報を掲載しています。

2018年8月10日

【岡山県FC連絡協議会】映画「みとりし」の記者会見が行われました!!(投稿記事)

余命告知された人の最期に寄り添う看取り士(みとりし)をテーマにした、映画『みとりし』の記者会見(8/7)が行われ、主演の榎木孝明さん、ヒロインの村上穂乃佳さん、白羽弥仁監督、看取り士会の柴田久美子会長が出席しました。

当初、ロケを予定していた7月上旬に、岡山県内各地に甚大な浸水被害を与えた西日本豪雨のため、撮影を延期。
会見では、白羽監督が「こんな時に撮影していてよいのだろうかという考えもあったが、災害後に、被災地でもあるロケ地・高梁市を訪れ、撮影場所の建物や人が無事であったことや、なにより、地元の方々が『一日でも早く、活気ある街に戻したい』と強く思っていると感じ、
今回、撮影に踏み切った。」と話されていました。8/8より2日間にわたり、高梁市でロケが行われました。

≪作品概要≫
作品名:『みとりし』
ストーリー:高梁市で看取り士として第二の人生を歩む主人公 柴久生(榎木孝明さん)のもとへ、新米看取り士 高村みのり(村上穂乃佳さん)が赴任し、さまざまな死に立ち会い      成長していく物語。
公開時期:2019年(予定)
公式HP:http://is-field.com/mitori-movie/index.html