Topics

Topics|過去に発表した映画産業や映画祭といった映画関連情報、およびJapan Film Commissionの活動に関する情報を掲載しています。

2018年3月13日

【ながのFC】映画「紅い襷~富岡製糸場物語~」上映のお知らせ(投稿記事)

28年度支援作品の映画「紅い襷~富岡製糸場物語~」が、3月17日(土)から4月13日(金)まで長野松竹相生座・ロキシーさんで上映されます。
明治初期、日本の近代化を大きく牽引したもの、 それは、名もなき女性たちの手で紡がれたしなやかな「絹」でした。 特に主人公:和田英の地元、松代の皆さんには是非観ていただきたい映画です。

【ストーリー】
明治維新、日本の大転換期――
若き女性たちの活躍が、あらたな産業の扉をひらいた知られざる感動の物語
明治6年春、長野県松代区長の娘・横田英は反対する父を説得し、松代と新しい日本の為、同郷の河原鶴らとともに富岡製糸場に工女として入場した。
明治政府は明治5年、群馬県富岡市に西洋と日本の技術を融合した世界最大規模の製糸工場を設立したが、工女集めに難航していた。フランスから招いた“生糸の神様”と呼ばれるポール・ブリュナ達フランス人に”生き血を抜かれる”という荒唐無稽な噂話が全国に広がっていたからだ。
しかし、製糸場に到着した英が目にしたのは、これまで見たこともない別世界、壮大なレンガの建物とピカピカの器械、そして西洋式の労働環境の中で真摯に糸を引く先輩工女たちの姿だった。
全国から集まった工女たちは、紅い襷を掛けることが許されている一等工女になり、一日も早く技術を習得し故郷に戻ることを夢見ていた。
その姿に刺激された英と鶴らも、紅い襷を皆で目指すことを誓った。だが現実は、フランス人教師の厳しい指導や時には待遇の差、容易ではない糸取り作業、苦労の連続だった。
そんなある日、彼女たちのもとへウィーンから驚くべきニュースが届けられた・・・。
監督:足立内仁章
出演:水島優、吉本実憂、桐島ココ、木村夏子、ジリ・ヴァンソン、太田緑ロランス、金澤美穂 藤原希、中井ノエミ、近童弐吉、木村知幸、愛華みれ、佐伯日菜子、磯部勉、高橋ひとみ、豊原功補、西村まさ彦、大空眞弓

紅い襷~富岡製糸場物語~オフィシャルサイト:https://akaitasuki.com/