Topics

Topics|過去に発表した映画産業や映画祭といった映画関連情報、およびJapan Film Commissionの活動に関する情報を掲載しています。

2014年10月21日

【滋賀LO】木曜時代劇「ぼんくら」(10/16から10回)、NHKスペシャルドラマ「妻たちの新幹線」(10/25)

◎木曜時代劇「ぼんくら」
≪ 作品概要 ≫ HPより抜粋
八百屋殺しを皮切りに、次々に消えていく長屋の住人。不審に思った見廻り方同心・平四郎は、住人たちへの同情も手伝い、独自に事件の裏を調べ始める。甥の弓之助の知恵を借りながら探索する平四郎は、やがて事件の裏に、17年前に起こったある事件の謎が隠されていることに気づく。その秘密を握るのは地主の湊屋総右衛門。 原作は人気作家・宮部みゆき。
≪ 滋賀のロケ地 ≫ 
・守山市:もりやま芦刈園
*このシーンは第3話で登場します。
*平四郎(岸谷吾朗)とおくめ(須藤理彩)がお堀の付近で会話をするシーンです。
*もりやま芦刈園のスタッフさんには撮影のため、時代劇にはあり得ないベンチを片づけてくださったり、杭をはずしてくださったりと撤去作業で大変お世話になりました。
公式ホームページ http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/bonkura/
■放送日 本日2014年10月16日(木)20時~20時43分 ≪毎週木曜日/連続10回放送≫
■放送局 NHK総合

◎NHKスペシャルドラマ「妻たちの新幹線」
≪ 作品概要 ≫ HPより抜粋
新幹線をつくった男と呼ばれる技術者、島秀雄。
島を技師長に選んだ第4代国鉄総裁、十河(そごう)信二。
この二人なくして東海道新幹線は実現できなかったと言われています。そして、この二人の男には、陰で支える妻や家族がいました。戦後の高度経済成長に向け、新幹線開発に挑む鉄道マンのし烈な闘いを熱く描きながら、“鉄道技術に生きた家族”の絆を浮き彫りにする「涙と感動の物語」。
≪ 滋賀のロケ地 ≫ 
・米原市:旧米原小学校→国鉄の寮の設定。電話がかかってきたシーンを撮影しています。懐かしい赤電話!
・近江鉄道:電車を走らせながら車内で撮影されました。
公式ホームページ http://www.nhk.or.jp/nagoya/shinkansen/
■放送日 2014年10月25日(土)19時30分~
■放送局 NHK総合

滋賀ロケーションオフィス⇒こちら