What's New
BIFCOM08に出展します(2008.9.10)

  全国FC連絡協議会は、10月3日〜5日に韓国・釜山のパラダイスホテルにて開催されます、BIFCOM08にブース出展します。アジアの制作者に、日本のロケーションの魅力をPRいたします。
  同期間中は、釜山国際映画祭、AFM(アジア・フィルム・マーケット)も開催されていますので、釜山にいらっしゃった際には、ぜひ協議会のブースにもお立ち寄りください。

BIFCOM08公式サイト  http://bifcom.bfc.or.kr/

第3回全国ロケ地フェアを終えて(2008.8.8)

  去る7月23、24日に「全国ロケ地フェア08」を、新宿の芸能花伝舎で行いました。
今回は、各FCが8つのネットワークのどれかにに参加して制作者にプレゼンするということを試みました。
  又、簡単なネットワークの紹介パンフレットを制作し、来場者に配りました。
  一昨年や昨年より会場スペースを広くとったので、制作の人とFCがゆっくり話しをすることができたと思います。23日は51の企業・団体、フリーランス5人を含む計101人、24日は25の企業・団体、フリーランス1人、計35人。2日間合計来場者136人でした。そして、制作者からFCとの直接面談希望もあり、支援が成立した事例もいくつかありました。
  当日、何人かの制作者に声をかけて印象を聞きましたが、ネットワークは分かり易かったという感想を複数頂きました。一方、「忙しくロケハンをしている若い制作の人が一寸立ち寄れる様な場所や工夫が欲しい」という意見もありました。このことは、集客数を増やすこと(宣伝、広報の努力)と共に、次の開催での課題だと思います。
  また他の制作者から、ネットワークの紹介文やブースでの制作者へのプレゼンに於いて、もっとネットワークやFCの特徴や魅力を具体的に伝えて欲しいという意見もありました。
  今回、文化庁へ提案してJLDBについて制作者へのプレゼンを一回だけですが、私が行いました。制作者に実際操作して頂き私が説明し、FCの方にも参加して貰いました。さらに、制作者からの質問が活発にあり、神戸FC田中氏に答えて貰うなど、有意義な意見交換が出来ました。
  来年1月下旬開催の第4回には、JFCへの移行も視野に入れて、より一層充実したロケ地フェアが行えるように、さらに多くのFCの参加と皆さんのご協力をお願いいたします。
(全国ロケ地フェア企画・実施担当 個人会員 野本康夫)

第2回AFCNet理事会報告(2008.8.8)

  去る7月3日から6日に中国の長春において2008年度第2回AFCNet理事会が開催されました。
★出席者はBusan Film Commission、Kobe Film Office、BaliFilm Center、Jeonju Film Commission、Changchun FilmStudio、Sapporo Film Commission、MDEC(マレーシア)
★ひょうごロケ支援Net、Honolulu Film Office、Taipei Film Commissionが新会員として承認されました。
★今年の10月の総会において新理事が選任されます。
★今年のBIFCOMの会場がParadise Hotelに決定。
  ParadiseHotelの方が来場者を見込める為ですが、会場費が高く場所が狭いという問題があり、ブース数を減らす、AFCNet会員もブース代を一部負担してもらうなどの対応策を検討。また、来場者を増やすための招待状などPR方法も検討しました。
★今年の10月4日〜5日に「アジア・太平洋映像政策フォーラム」がプサンにて開催。
  AFCNet会員の各自治体から映像産業、映画、観光等の部署の代表が集まり、アジア・太平洋地域の映像産業の政策状況を報告した上で今後の方向性を検討。日本からは文化庁と経済産業省およびAFCNet会員FCがある自治体が参加します。
(AFCNet副会長・神戸FO代表 田中まこ)
☆参考
  AFCNet公式サイト  http://www.afcnet.org/
  BIFCOM08公式サイト http://bifcom.bfc.or.kr/

新FCメンバー紹介(2008.7.16)

北杜市フィルム・コミッションが入会されました。これで加盟FC会員は101です。

〈北杜市フィルムコミッション〉 平成20年4月1日設立
〒408-0188 山梨県北杜市須玉町大豆生田961-1
Tel:0551-42-1351 FAX:0551-42-5216
Email:kankou@city.hokuto.lg.jp
設立母体:北杜市
撮影支援対象エリア:北杜市内

1日で全国のロケハンができる! 第3回「全国ロケ地フェア2008」開催のご案内(2008.7.8)

  全国フィルム・コミッション連絡協議会では、昨年度に引き続き「全国ロケ地フェア」を開催いたします。
  本年度は、前期、後期の2回開催予定で、まず7月23日〜24日に、東京都新宿・芸能花伝舎にて、全国のFCのプロモーションを行います。
  今回は特に「制作側にとって効果的なFCネットワークの魅力」を提案させていただきます。
  開催ご案内はこちら(PDF)、お申し込みはこちらの申込書(PDF)をご覧ください。

07年公開映画作品へのFC支援実績アンケート結果発表「全国公開作品の96%以上、全作品の78%以上を加盟FCが支援!」(2008.7.8)

  全国フィルム・コミッション連絡協議会では、毎年4月に加盟FCにアンケートを送り、前年に公開された映画作品への支援実績を集計しています。アンケートを実施しました4月7日時点の加盟FC 98のうち、回答のあった64FCのデータを集計しましたので、その結果を発表します。

対象とした149本作品:「キネマ旬報」決算特別号掲載の「2007年封切日本映画一覧表」から、長編劇映画で、日本で撮影が行われた35mmフィルム上映作品を選択したものです。
回答FC:64FC/98加盟中(65%回答率。内12FCは該当作品なし)

  映連加盟会社(松竹、東宝、東映、角川)配給53作品中、51作品に全国の協議会加盟FCが協力支援しました。全体の96%にあたります。会社別で松竹15作品、東宝18作品、東映14作品、角川5作品の内、支援していないのは東映の2作品だけです。

配給公開数支援数比率(%)
松竹1515100
東宝1818100
東映141286
角川55100

  以上4社に、日活、アスミック・エース、ギャガ・コミュニケーションズ、シネカノンの4社配給作品を加えた68作品では、8作品を除く60作品を支援協力しました。全体の88%になります。
  さらに、全体の一般長編劇映画149作品では、加盟FCから116作品に協力したと回答があり、それは全体の78%になります。
※FC協力がなかった作品というものには、以下のようなものも含まれます。
 ・加盟FCで回答がなかった34FCが関わった作品
 ・加盟FCがない地域での撮影(静岡県・鹿児島県、担当エリア外など)
 ・FCの協力を必要としない撮影(スタジオ内での制作、極限られた場所のみでの撮影、ゲリラ撮影など)
 今やロケーション撮影は、FCもしくは地域の積極的な協力でほとんどが行われていると言っても過言ではありません。

◆4FC以上の複数協力の作品は、 以下の通りです。

<参考データ>
7FC「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
(山崎貴監督)
いばらきFC、東京LB、大阪LS協議会、神戸FO、岡山県FC連絡協議会、山口県FC、北九州FC
6FC「象の背中」
(井坂聡監督)
埼玉県LS、千葉県FC、横浜FC、湘南藤沢FC、相模原FC、富士の国やまなしFC
「マリと子犬の物語」
(猪俣隆一監督)
栃木県FC、千葉県FC、湘南藤沢FC、相模原FC、新潟県FC協議会、富士の国やまなしFC
5FC「西遊記」
(澤田鎌作監督)
いばらきFC、栃木県FC、嬬恋FC、東京LB、埼玉県LS
「監督・ばんざい」
(北野武監督)
いばらきFC、東京LB、湘南藤沢FC、信州上田FC、富士の国やまなしFC
「犯人に告ぐ」
(瀧本智行監督)
いばらきFC、埼玉県LS、横浜FC、相模原FC、あつぎFC協議会
4FC「未来予想図」
(蝶野博監督)
埼玉県LS、いばらきFC、横浜FC、福岡FC
「自虐の詩」
(堤幸彦監督)
せんだい・宮城FC、千葉県FC、横浜FC、大阪LS協議会
「バブルへGO!!!」
(馬場康夫監督)
いばらきFC、横浜FC、千葉県FC、富士の国やまなしFC
「アンフェア」
(小林義則監督)
わたらせFC、高崎FC、埼玉県LS、西さがみ連邦共和国FC
「舞妓Haaaan!!!」
(水田伸生監督)
横浜FC、金沢FC、大阪LS協議会、神戸FO
「HERO」
(鈴木雅之監督)
いばらきFC、東京LB、横浜FC、大阪LS協議会
「パッチギ LOVE&PEACE」
(井筒和幸監督)
いばらきFC、高崎FC、千葉県FC、沖縄FO
「俺は、君のためにこそ死ににいく」
(新城卓監督)
いばらきFC、東京LB、滋賀LO、沖縄FO


平成20年度理事決定!(2008.7.8)

 6月6日の総会において、本年度の理事が下記23名の方に決定、承認されました。

【平成20年度役員】
■会長吉田 宏福岡フィルムコミッション(福岡市長)
■副会長崔 洋一(協)日本映画監督協会
  〃田中 まこ神戸フィルムオフィス
■専務理事前澤 哲爾山梨県立大学
■理事有本 繁幸広島フィルム・コミッション
  〃井上 俊彦さっぽろフィルムコミッション
  〃内間 仁春沖縄フィルムオフィス
  〃小笠原貞純松本市ロケ支援担当
  〃土井 正隆長崎県フィルムコミッション
  〃豊岡 賢二大阪ロケーション・サービス協議会
  〃平林 伸幸なごや・ロケーション・ナビ
  〃平谷 祐宏おのみちフィルム・コミッション
  〃古仲 正秀せんだい・宮城フィルムコミッション
  〃吉村 晴夫信州上田フィルムコミッション
  〃李  相美日本ライン・フィルムコミッション連絡協議会
  〃華頂 尚隆(社)日本映画製作者連盟
  〃進藤 淳一(協)日本映画製作者協会
  〃田中 誠一(財)デジタルコンテンツ協会
  〃平井 昌博日本貿易振興機構
  〃松岡 利光(株)インナップ
  〃三橋 幸和(有)ヘブンリーバレー
■監事安藤 英和北九州フィルム・コミッション
  〃持田 長三郎滋賀ロケーションオフィス

総会直前に行われた理事会会場


新FCメンバー紹介(2008.6.10)

奈良フィルム・コミッションが入会されました。これで加盟FC会員は100です。

〈奈良フィルムコミッション〉 平成13年10月1日設立
〒630-8373 奈良県奈良市南市町17-1
Tel:0742-20-4506 FAX:0742-20-4506
Email:narafilm@nifty.com
設立母体:非営利活動法人奈良フィルムコミッション

「全国ロケ地フェア2008」7月開催決定!(2008.5.14)

 東京で全国各地のロケハンができる貴重な2日間!「第3回全国ロケ地フェア2008」を、7月23日(水)〜24日(木)に、芸能花伝舎創造スペース(東京都新宿区)において開催することが決定しました。ご参加は無料です。詳細は、6月10日前後にアップいたしますので、制作者の皆様、スケジュールの調整をしていただきご参加いただきますよう、よろしくお願いいたします。より多くの出会いが生まれることを期待しています。

全国フィルム・コミッション連絡協議会総会開催(2008.5.14)

 平成20年度全国フィルム・コミッション連絡協議会総会は、数々の映画の舞台となってきた「映画のまち」尾道市にて開催いたします。

●全国フィルム・コミッション連絡協議会 総会
日 程:平成20年6月5日(木)〜7日(土)
主 催:全国フィルム・コミッション連絡協議会
共 催:おのみちフィルム・コミッション
協 力:尾道市、尾道商工会議所、(社)尾道観光協会、(株)フューレック、茶房こもん
会 場:テアトロシェルネ(JR尾道駅から徒歩1分) 
内 容:別紙のとおり。(PDF)
参加申込:「参加申込書」(PDF)にて5月22日(木)までに、FAXかE-Mailにてお申し込みください。
お問い合わせ:全国フィルム・コミッション連絡協議会 事務局
TEL:03-3563-2525 E-Mail:info@film-com.jp
おのみちフィルム・コミッション 事務局
TEL:0848-25-7184  FAX :0848-25-7293
E-Mail:kanko@city.onomichi.hiroshima.jp

新FCメンバー紹介(2008.5.14)

備後ふちゅうフィルム・コミッションが入会されました。これで加盟FC会員は100です。

〈備後ふちゅうフィルム・コミッション〉 平成20年2月20日設立
〒726-8601 広島県府中市府川町315 府中市役所商工観光課内
Tel:0847-43-7135 FAX:0847-46-3450
Email:shoko@city.fuchu.hiroshima.jp
設立母体:府中市、府中市観光協会、府中商工会議所、上下町商工会

AFCIロケーションズ・トレードショー報告(2008.5.14)

 4月10日(木)〜12日(土)まで、AFCIロケーションズ・トレードショーに全国FC連絡協議会スタッフとして参加し、100名以上の方と名刺交換や対話をしてきました。
 昨年のロケーションズ・トレードショーでも「インセンティブ」の話題は上がりましたが、今年も「インセンティブ前提」の相談が多かったです。現状は打開策のないインセンティブ問題ですが、何かインセンティブを凌駕する妙案を真剣に考える機会が必要と痛感しました。
 訪れた方の興味は主に下記3種類に分類できました。
  1.企画を立ち上げる素材として日本の情報を知りたい。
  2.企画にふさわしい場所が日本にあるのか知りたい。
  3.撮影を検討しているので、インセンティブについて知りたい。
 そして下記が、来訪者の推計値です。
  ・プロデューサー(35%)
  ・その他(21%)
  ・プロダクションアシスタント(12%)
  ・ロケーションマネジャー(9%)
  ・ディレクター(5%)
  ・プロダクションマネジャー(5%)
  ・プロダクションエグゼクティブ(5%)
  ・ライター(4%)
  ・撮影監督(4%)

 さて、2日目の午後のことです。場内では「ブース装飾コンテスト」の結果が発表され、歓喜の声が響いていました。会場には(ここまでやるか!)と思わせる装飾のブースが複数ありました。来場者への「つかみ」となる第一印象は大切です。各FCが誇りや自信を持ち自らの地域をPRする姿に、1ブースのみで明確なPR戦略を打ち出せてない日本ブースは貧弱に見えました。
 そこで提案です。
 今後も催事に参加する場合、「目立たせる」ことに注力してもいいと思います。その場で効果得られないかもしれませんが、「桜」や「のれん」など日本の感性や風物は「つかみ」として充分です。「費用対効果は?」など、出るかもしれませんが、「やらないと分からない」こともあります。そのような意見をお持ちの方は、ぜひ次回の催事に参加されることをお勧めします。
(全国FC連絡協議会 泉谷昇)



 
全国FC連絡協議会のブース

 
4FCがまとまって出展した韓国ブース

 
タイFCのユニークなブース・デコレーション

 
インセンティブのパーセンテージが人目を引くテネシーFCのブース

 
巨大なアロハシャツとインセンティブのパーセンテージが目立つハワイFCのブース
 

「AFCNet理事会」in Locations Trade Show LA報告(2008.5.14)

 4月11日のAFCIのLocations Trade Showに併せて開催された今回のAFCNet理事会では、以下の議題に関して議論致しました。
1、アジア太平洋映像政策会議(Asia-Pacific Film Policy Forum)の開催に関して
 日程:2008年10月4日〜5日 2日間 (予定。以下同)
 場所:未定(BIFCOM会場近辺)
 出席者:以下の通り。(今後、順次パクAFCNet会長から正式要請)
  * AFCNet加盟11カ国の映像政策に関わる各国の機関(日本に対してはパク会長が来月訪日し、経済産業省と文化庁に参加要請)
  * AFCNet加盟11カ国で国際共同製作の経験のあるリーディング企業の代表者
   (日本からの参加者に関しては今後、関係各位で協議)
  * AFCNet会員FCの責任者
2、2種類の調査事業実施を決定
 * AFCNet各会員FCが地元映像産業に提供している支援事業に関する事
 (ロケサービス以外で、製作支援やスカラーシップ等の助成システムがあるか等を調査し、その支援対象を各FCの地元だけでなくAFCNetメンバーの国にも広げられないかの可能性を探る)
 * 世界中の各FCが提供しているインセンティブの種類・内容の調査
 (上記を調査し、アジアとしての対策や長期的な展望を議論する題材とする)
3、AFCNet Location Photo Exhibitionの開催
 加盟各FCから珍しくユニークなロケ地の投稿をしてもらい、国際的に活躍しているロケーションマネージャーに提供、投票してもらうイベントを開催予定。
 また新たにホノルルFCのAFCNet参加を認め、次回理事会を中国長春(7/3〜7)で開催することが決まりました。
(AFCNet理事/さっぽろFC・井上俊彦)

ワーナー・ブラザース映画訪問リポート(2008.5.14)

 4月9日にアメリカのWarner Bros. Pictures(ワーナー・ブラザース映画)を訪問してきました。同社のWorldwide Locations ExecutiveであるBill Bowling氏からAFCNetに対し、「ワーナー・ブラザース映画の役員に撮影誘致のためのプレゼンテーションを行ってはどうか」とご提案いただき、韓国、日本、マレーシア、インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピンの7カ国が参加。各国、5分ずつ、ロケ地としての魅力、撮影環境、インセンティブなどについて発表しました。
 ワーナー映画社からは、
  Mr. Mark Scoon (Senior Vice President, Physical Production)
  Mr. Ravi Mehta (Senior Vice President, Physical Production)
  Mr. Jon Kuyper (Vice President, Physical Production)
  Mr. Lex Pascual (Senior Analyst, Production Budgeting)
  Mr. Michael Walbrecht (Vice President, Studio & Production Affairs)
  Mr. Jacob Guswa (Physical Production Administrator)
  Ms. Karen Fouts (Vice President, Estimating)
をはじめ、十数名が出席。大変熱心に話を聞いてくださいましたが、質疑応答での質問は、やはりインセンティブに関するものがほとんど。シンガポールが提示した『撮影で使った経費の最大50%』というインセンティブに関心が集まっていました。日本に対しては、「フィルムコミッションが数多くできたことは聞いているが、日本の政府はどれくらい真剣に撮影を誘致したいと考えているのか」という質問がありました。プレゼンテーション終了後の懇親会やスタジオ見学など含めて約4時間、大変有意義な訪問でした。
(AFCNet副会長/神戸FO・田中まこ)

新FCメンバー紹介(2008.3.10)

ちばしフィルムコミッションが2月15日に設立され、正会員・千葉市役所より会員登録名称を変更いたしました。これで加盟FC会員は103です。

〈ちばしフィルムコミッション〉 平成20年2月15日設立
〒260-8722 千葉県千葉市中央区千葉港1-1 千葉市役所企画調整局政策調整課シティセールス推進室内
Tel:043-245-5066 FAX:043-245-5476
Email:info@ccfc.jp
設立母体:千葉市

新FCメンバー紹介(2008.2.8)

今治地方フィルムコミッションと山形おきたまフィルムコミッションが 入会されました。これで加盟FC会員は102です。

〈今治地方フィルム・コミッション〉 平成15年3月24日設立
〒794-0013 愛媛県今治市片原町1-2-3F (社)今治地方国立公園協会内
Tel:0898-22-0909 FAX:0898-22-0929
Email:kankou@oideya.gr.jp
設立母体:社)今治地方国立公園協会、今治地方観光協会

〈山形おきたまフィルムコミッション〉 平成19年5月30日設立
〒992-0012 山形県米沢市金池7-1-50 山形県置賜総合支庁商工労働観光課内
Tel:0238-26-6046 FAX:0238-26-6047
Email:okitamashoko@pref.yamagata.jp
設立母体:山形おきたま観光協議会

FCアンケート2007集計結果発表!(2008.1.15)

 毎年4月に加盟FCに活動に関するアンケートをお送りしています。今回は72FCが回答し、集計したものの中で公開にふさわしいものを発表いたします。
 こちらのページをご覧ください。

 

 
Copyright ©2009 The Japan Film Commission Promotion Council. All rights reserved.