2005年公開された日本映画へのフィルムコミッション支援率

  雑誌「キネマ旬報」は、毎年2月下旬号(決算特別号)で前年公開された日本映画をリストアップしています。そこで全国FC連絡協議会では今年も昨年に引き続き、「キネマ旬報」のデータに基に、加盟全フィルムコミッションに対して支援映画作品のアンケート調査を行いました。その結果を発表します。対象とした映画作品は、実写撮影が行われたフィルム公開の長編131作品です。

<FC支援作品:92作品 / 公開された長編作品:131作品(70%)>
 内訳:映連加盟4社配給作品 34作品/37作品(92%)
    日本ヘラルド・シネカノン配給の各4作品はすべて支援

<最も多くのFCが支援した上位15作品>(カッコ内は監督名)
●7FC 『交渉人 真下正義』(本広克行)さっぽろ・茨城・東京・横浜・千葉・大阪・神戸
『男たちの大和』(佐藤純弥)滋賀・京都・舞鶴・おのみち・呉・広島・沖縄
●6FC 『容疑者 室井慎次』(君塚良一)北海道・小樽・さっぽろ・いわき・埼玉・横浜
●5FC 『忍 SHINOBI』(下山天)茨城・那須・横浜・西さがみ・山梨
『この胸いっぱいの愛を』(塩田明彦) 横浜・横須賀・下関・福岡・北九州
『春の雪』(行定勲)東京・日本ライン・滋賀・奈良・香川
●4FC 『鉄人28号』(富樫森) 嬬恋・千葉・横浜・東京
『妖怪大戦争』(三池崇史)高崎・東京・横浜・大阪
『TAKESHIS'』(北野武)茨城・横浜・東京・沖縄
『NANA』(大谷健太郎)北海道・小樽・千葉・横浜
『蝉しぐれ』(黒土三男)茨城・千葉・長野・滋賀
『四日間の奇跡』(佐々部清)千葉・山口・下関・北九州
『同じ月を見ている』(深作健太)茨城・高崎・横須賀・諏訪
『ノロイ』(白石晃士)茨城・横浜・山梨・滋賀
『ホールドアップダウン』(SABU) 茨城・高崎・横浜・新潟

 

 
Copyright ©2007 The Japan Film Commission Promotion Council. All rights reserved.