沿革

ジャパン・フィルムコミッション設立の経緯
日本で初めてフィルムコミッション(FC)が誕生したのは、2000年。以後、全国各地でFCが設立されました。その活動を支援し日本の映像文化の発展に資することを目的として2001年8月に組織されたのが、全国フィルム・コミッション連絡協議会でした。
2008年には、100以上のFCが加盟する組織となりましたが、撮影環境の更なる改善、FC担当者の人材育成、海外からの支援要求に応える一元的窓口の設置を図るため、2009年4月1日に、ジャパン・フィルムコミッションへ移行することになりました。
2001年8月~2009年3月までの全国フィルム・コミッション連絡協議会の活動については、こちらをご覧ください。